カートをみる マイページへログイン ご利用案内 お問い合せ サイトマップ
RSS

焙煎について

常に煎りたて、挽きたての新鮮なコーヒー豆をお届け。

美味しいコーヒーは、良質の生豆と、その味わいを十分に引き出しうる優れた焙煎技術が揃ったときに生み出されます。

焙煎時間として約7分間お待たせいたしますが、ぜひ、その技術をご覧になりながら煎りたて・挽きたての珈琲の香りをお楽しみ下さい。

ドイツ製・ノボローストマスターで〔焙煎温度〕、〔熱風風量〕、〔焙煎時間〕の調整により、お客様の好みに応じた本格焙煎が可能です。浅煎りから深煎りまで、焙煎は8段階の中から選べます。

市販の珈琲では味わえない、生きた珈琲の味と香りをお楽しみ下さい。

美味しいコーヒーの入れ方

当店では、ペーパードリップでの抽出をお勧めします。

当店の新鮮コーヒーをペーパードリップで淹れてみると蒸らしの抽湯で、粉の表面が「モコモコ」と膨れ上がって綺麗な山形になります。これは、コーヒー豆が新鮮な証拠です。

さらに、2回目以降の抽出では、やや白っぽい粉のそろった細かいクリーミィな泡が湯面を覆って保持します。

美味しいコーヒーが抽出されているのが実感できます。

.據璽僉璽侫ルターは、底に「幅」を作るように折るのがポイント。

∩阿發辰討湯でカップを温めておきます。

カップが温まったら、お湯を捨て、ドリッパーをセットします。

い湯は一旦沸騰させ、抽出用ポットに注ぎます。お湯を96℃程に下げる大切な作業。

イ湯を中心から縁にかけて渦巻状に注ぎます。フィルターにはかけないように。

Δ湯が全体に回ったら、蒸らします。コーヒーが水分を吸って膨らみ切るのを待ちます。約15秒程度。

膨らんだコーヒーが沈む直前に第二湯目。コーヒーの中央部に丁寧に注ぎます。

第二湯目が落ち切らないうちに第三湯目を足します。カップの八分目になったら、湯が残っていても捨てて完成。

よくあるご質問

Q. コーヒー豆の保管方法は?

A. 2週間前後で飲みきる量を購入すれば冷蔵庫や冷凍庫で保管する必要は特にありませんが、夏場などで湿度の高い場合は酸化の進みが早まりますので、密閉容器に入れ冷蔵庫で保管下さい。

ページトップへ